漢方薬局での働き方

患者さんと相談して処方する薬を決める

一般の薬局での仕事は、調剤がメインの仕事となりますが、漢方薬局だと調剤に患者さんとの相談もメインとなります。
そして調剤する薬は生薬などの漢方を調剤して出します。
まずは患者さんとの相談から始め、それをふまえて調剤しますので、医師の処方箋はありません。

そして相談では一方的に相談を受けるのではなく、患者さんの生活習慣や運動やストレスなどを聞いて、体のどこが原因で不調になっているかを突き止めます。
その原因を突き止めないと、対応する漢方も処方することは出来ないのです。
漢方での考えとして、西洋医学ではなく東洋医学の面からアプローチしますので、医師が処方するのとは大きく考え方が違います。

当然仕事をするには、漢方に対する深い知識が求められ、更には患者さんとのコミュニケーション能力も重要です。
特に通常の病院で改善しなかった患者さんがやってきますので、漢方で改善できた場合は、とても大きなやりがいを感じます。
ただし漢方薬は一般の医薬品と違い、即効性はなく緩やかに効果を発揮していきますので、改善するまで時間がかかります。

働く場合

まずは働くなら漢方に関する知識を学んでいかなければなりません。
薬学部では漢方に関する講義は1コマか2コマ程度しかないので、大学だけでの勉強では漢方薬局で働くだけの知識は身につきません。
個人的に勉強会が開催されているところを探すか、参考書などの書籍を探して自分で勉強するしかありません。
勉強会はそれほど多くはありませんので、書籍での勉強がメインとなるでしょう。

漢方薬・生薬認定薬剤師認定制度で認定を受けるという方法もあり、こちらは漢方に関する9回の研修会と1回の実習がありますので、実用的な知識を身につけられます。
漢方薬局の中には、資格取得をサポートしているところもあります。
また場合によっては働くなら東洋医学の知識も必要かもしれません。

仕事内容は相談と調剤の他に、漢方薬の保管や在庫管理などもあり、一般薬局では触れられない生薬にも触れられます。
自然と漢方に関する知識も増えてきますので、日常の生活でも役に立つかもしれません。
そして一般の薬局よりも、より近くで患者さんに接することができ、身近になってサポートできます。

西洋医学の限界を見て、東洋医学の面から患者さんにアプローチしたいと転職する人もいます。
しかし全国を見ても漢方薬局は一般の薬局ほど多くはなく、ほとんどが個人や家族で経営しているところです。
そのために求人は少なく、働き先を見つけるのは大変です。
また給料も一般の薬局と比べると少ないので、それなりに決意と覚悟を持って転職しないと、あとで後悔するかもしれません。