化粧品メーカーで働く薬剤師

働く場合

薬剤師の資格を持っていれば、薬局以外の働き口もあり、仕事の選択肢も広いです。
その1つが化粧品メーカーで働くということであり、新しい化粧品を開発していますので、その成分の研究などが仕事としてあります。
成分の研究のみならず、企画に参加し、開発された製品が体に安全かチェックし、研究から製造まで一貫して関わることも可能です。

ただし実際に働くとなると研究開発の主要な部分に関わるというよりは、薬事管理をメインとして行うことが多く、研究開発は理学部出身者が中心となって行います。
メディカルライターして働くような方もおり、営業や広告に関わった業務をすることも出来ます。
化粧品は流行やトレンドに応じて開発されるので、トレンドなどを敏感に察知する能力も求められます。

化粧品メーカーで働く場合は、薬剤師はいろいろな部門や職種で働けますので、その化粧品メーカーに入社したらどのような仕事が出来るかを事前に調べておくことです。
働いた場合の給料は、大手なのか、どの部門で働くかでも違ってきます。
ただしどの場合でも年収は300万円から700万円ぐらいの範囲に収まります。
以外にも給料は低いので、1,000万円などの年収を期待するのは止めた方がいいでしょう。

働く場合のメリットとデメリット

・メリット
多種多様な人と仕事をすることが出来、病院や調剤薬局では関われない人とも働けます。
そして仕事をしていれば薬事に関する知識が、高く評価されることもあります。
勤務先によっては、手厚い福利厚生がありますので、薬局などで働くよりも待遇面で充実しており、退職金も出ます。

・デメリット
調剤はしませんので、その技術は磨けません。
外資系メーカーなどで働くこととなると、英語やその他の語学力が必要となり、話せない人は採用されません。
仕事内容によっては薬剤師以外のスキルも求められることもあります。

最初から化粧品メーカーを目指して就職活動をする人もいますが、転職するケースの方が多いです。
そして求人雑誌などに掲載されることはほとんどなく、人気のある職種であり、専門性を求められるために、非公開求人などとして募集することが多いです。
女性の多い職場なので、これをメリットと考えるかデメリットと考えるかは、その人次第でしょう。

もしも化粧品メーカーへの転職を希望しているなら、転職サイトなどへ登録するだけでは不十分であり、キャリアアドバイザーや転職コンサルタントなどへ相談すべきです。
また薬局などと違い、頻繁に募集のある職種ではないので、なかなか見つかりにくいこともあります。
まずはやりたい仕事とマッチしているのか、仕事内容や給料はどのようになっているか調べてみましょう。

薬剤師の在宅ワーク

仕事内容

薬剤師というと薬局で働くイメージがありますが、在宅での仕事もあります。
在宅で仕事をする場合は、薬剤師としての資格以外に特別な資格は必要なく、在宅だと出来高で報酬が決まりますので、在宅業務の時間が多ければ多いほど報酬は多くなります。
また臨床経験や医学の知識があると、なおスムーズに仕事が進みます。
仕事ではパソコンを使いますので、パソコン操作は基本のことはできないと仕事にはなりません。

具体的な仕事内容は以下の通りです。

・薬剤の添付書類翻訳
日本で未発売の薬剤の添付書類を翻訳します。

・海外文献の翻訳
薬事関係の海外文献を翻訳します。
新しい医薬品や学説や技術などは、専門用語が多いために翻訳ソフトでの翻訳は難しいです。
そのために人による翻訳がなされており、その仕事をします。

・ライター業務
医薬品や医療品に関する、専門分野の文章を作成する仕事です。
専門分野の仕事だと、通常のライター業務よりも報酬は高い場合が多いです。
またライター業務を行って慣れていけば、出版社の書籍のライティングなど仕事の幅を広げることも出来ます。

・DI業務
医療品やそれにまつわる副作用や臨床現場データなどを、整理して管理する仕事です。
通常は製薬企業が行う仕事ですが、在宅勤務での募集もあります。

このような仕事があり、探せば他にも在宅で出来そうな仕事は多数あります。
翻訳業務は英語など翻訳する言語を習得していないと仕事をするのは難しいですが、在宅ワークの中では報酬は高いです。

在宅ワークの探し方

求人雑誌などで探す場合は、在宅業務ありというところを探します。
もっとも在宅ワークの募集が多いのが調剤薬局であり、求人件数が圧倒的に多いので、在宅ワークを探すならここを中心に探すこととなるでしょう。
調剤併設型ドラッグストアでの求人も多く、こちらもねらい目です。

その他にもOTC販売のドラッグストアや病院や企業での在宅ワークの募集もありますが、正社員募集に比べると10分の1ほどで、それほど多くなく見つけるのは難しいです。
ただどのケースにしても、完全に在宅ということはなく、薬剤師として働くなら調剤薬局やドラッグストアで働きながら、その傍ら在宅ワークをするという形になります。

完全に在宅ワークをしたいなら、SOHOなどの募集サイトで探すしかありません。
しかしながら薬剤師や医療専門の募集内容はほとんどありませんので、資格を活かしながら働くということになります。
翻訳やライター業務をするなら、医療関係以外のジャンルの仕事も引き受けるとなるでしょう。
ただし完全な在宅ワークとなると、出来高なので正社員と同じぐらいの時間を働かないと、生活するだけの収入を得るのは難しいです。

在宅医療と薬剤師

在宅医療での薬剤師

今までの在宅医療では、医師と訪問看護師が現場に向かっており、薬剤師は必要ありませんでした。
これは現場で薬剤師が何が出来るのかと疑問視され、必要とされていなかったからです。
介護スタッフなども薬の管理に関して、必要性を感じていなかったために、ケアプランなどでも薬剤師の導入は考えていませんでした。

しかしこれからは少しずつ薬剤師の存在が明確になっていき、必要性も出てきています。
従来は薬の管理は訪問看護師が兼任しており、しかし彼らは薬の専門家でないために処方通りに服薬できなかったり、飲み忘れた薬が出てしまい、症状が悪化するなどのことがあります。
このような時に薬剤師が関わっていれば、不手際無く服用でき、患者さんの状態悪化も防げたはずです。

実際に在宅医療の現場では、薬剤師がいないための不十分な対応が、患者や家族に問題視されています。
・使用薬剤を使っていると、家族や介護スタッフが効能や副作用を理解せずに使っている。
・嚥下能力の下がった患者さんに、介護スタッフが錠剤を砕いて飲ませている。
このような事例があります。
薬は正しく使わないと、より副作用が大きくなったり、効果が出なかったりしてしまいます。
不手際が多いために、調剤報酬改訂後に、在宅での薬剤指導の推進がなされ、薬剤師の重要性が認識され始めました。

在宅医療での薬剤師の仕事

・医師の処方計画に協力する
薬剤指導には医師の指示が必要です。
ただ医師だけでは判断しかねることもありますので、そのような時に処方計画に協力します。
そして飲みやすさや副作用などを考慮して、処方する薬のアドバイスを行います。

処方計画のみならず、処方依頼を受けることもあります。
内服薬の他に、注射や点滴などの無菌調製が必要とされることもあり、抗がん剤や麻酔の調製を依頼されることもあります。

・自宅訪問・報告書作成
患者さんの自宅に訪問し、薬の説明から保管方法、服用方法や食べ物との相互作用にわたるまで、あらゆることを説明します。
時には相談も受けて、おむつや介護用品の使い方などのアドバイスもします。

そしてその後は指導内容をまとめて、報告書として医師などにフィードバックします。

仕事を行うとなると、やはり患者さんと接する機会は増えますので、コミュニケーション能力はとても重要です。
時には患者さんの家族からの相談などにも応じないとなりません。
また患者さんや家族と、医療関係者との橋渡し役にもなります。

医師の処方計画に協力するなら、バイタルサイン診断など専門的な知識が必要であり、患者さんに指導するときは、薬の説明から相互作用まで、それらが出来ないとなりません。
無菌調製の能力も必要であり、これは一般の薬局では行わないことです。

かかりつけ薬剤師の働き方

24時間態勢での対応が必要

診療報酬改定で出来た新しい職業のかかりつけ薬剤師ですが、現在はまだ世の中には浸透しておらず、これから期待される職業です。
保険薬局はこれにより大きな影響を受け、薬剤師の働き方もこれからは以前とは大きく変わってきます。
薬剤師の人の中には、かかりつけ薬剤師になりたいと考えている人も多く、さらなるステップアップや地域への貢献を目指している人が多いです。

しかしその一方で、患者負担が増えるだけではないのか、もっと薬に詳しい人がいるのに自分が対応できるかどうか心配だ、などの声も聞かれます。
そのような状況で一番働くうえで難しいのが、24時間態勢での対応です。
かかりつけ薬剤師は、常に患者の相談や質問に応じるようになりますので、個人で対応するには負担が大きいです。

もしも24時間体勢の中で、どうしても応じることが出来ないような場合は、当該薬局の別の薬剤師が対応するようにはなりますので、何が何でも24時間頑張らないといけないとは限りません。

薬剤師への支援体制

かかりつけ薬剤師を薬局が採用することは、売り上げアップにもつながりますので、好意的に捉えているところが多いです。
そして薬剤師がかかりつけ薬剤師を目指そうとするときは、薬局の半数は積極的に協力してもよいとしています。

その反面薬剤師が薬局に求めるのは、薬剤師認定制度認証機構の研修費用の負担が一番希望が多く、患者さんとのトラブルがあればサポートして欲しいというのが2番目に要望があります。

このような中でまだ浸透していない職業なので、薬剤師にとっては不安な面は多いようです。
また薬剤師が理想とする職業とは一致すると考える人は少ないですが、部分的に一致すると考える人は半分以上います。

変わる働き方

かかりつけ薬剤師になれば、患者さんとの会話は普段よりも増えることは間違いありません。
患者さんとのコミュニケーションの他に、時には医療関係者などと議論もしないとなりません。
いままで以上に仕事の範囲が増えますので、責任が増えやりがいの多くなる職業です。
薬を相手にするよりは、人を相手に仕事をすることが増えていきます。

患者さん本位でありたいと考える薬剤師の方も多い一方、医療費削減や算定クリア条件が難しいなど一筋縄ではいかないこともあります。
そして日本は今後高齢化社会が進むことにより、ますます薬を必要とする人は増え、自然と薬剤師の需要も増えていきます。
そのために調剤のみでなく、患者さんとのコミュニケーションを取れる薬剤師がこれからは求められます。
かかりつけ薬剤師の制度は出来たばかりであり、今後は模索しながら最適な仕事の仕方を探していくことになります。

薬剤師のコミュニケーション力

薬剤師の環境が変わってくる

薬剤師の環境は日々変化しており、高齢化社会によってますますその役割は重要となり、調剤だけを行えばよいというわけにはいかなくなります。
在宅介護や在宅医療への取り組みが広がる中で、医療や薬学の知識や技術はもちろんのこと、患者さんや医療関係者とのコミュニケーションも必要となります。

その時々で相手に対して、適切なコミュニケーションがとれる薬剤師が求められています。
今までは調薬して患者さんにその薬を渡すだけでしたが、次第に患者さんの声が薬剤師にも伝わるようになっており、従来の仕事では気づかないことを知らされることもあります。

患者さんの声

それでは実際に患者さんは薬局ではどのようなことを思っているでしょうか?
患者さんでも薬局に行きたくないという人がおり、その理由は様々です。

・薬局に行くと、いつも飲み残しはないかと尋問されているように言われて嫌だ。
・市販薬との飲み合わせを訪ねても、先生に聞いて下さいと相手にしてくれない。
このようなケースがあります。

前述のケースでは、毎回行くたびに嫌な思いをしていますが、案外日本人はそんな思いをしても薬剤師に意見は言いません。
逆に後述のケースでは、何度も聞いているのに相手にしてくれないので、そのうち聞かなくなったというケースです。

どちらも、薬剤師には患者さんの意見は的確に伝わっておらず、隔たりが出来るばかりです。
このような時にも薬剤師から積極的にコミュニケーションをとる必要が出てきます。

コミュニケーション能力を活かす

薬剤師として働くなら、いくら知識ばかりを高めても、患者さんとのコミュニケーションが出来なければ十分な仕事は出来ません。
仕事をすれば嫌でも患者さんと接する機会は毎日ありますので、患者さんが何を思っているか知る必要があります。

しかしコミュニケーション能力は参考書で勉強したりしても身につく物でなく、日々の仕事の中で身につけるものであり、患者さんと話さないとその能力は高まりません。
まずは、患者さんと積極的に会話するようにして、コミュニケーションを図ろうとするべきです。

今後は薬剤師が在宅医療に関わる機会が増えれば、自然と患者さんと会話する機会も増えていきます。
時には話をしようとしない患者さんもいたり、話しかけると嫌な顔をする患者さんもいるかもしれません。
そのような時こそ、日頃の鍛錬のコミュニケーション能力が重要となってきます。

そしてコミュニケーション能力は、意識しないと高めることは出来ませんので、日頃の仕事の中では、患者さんとの会話は意識して話すようにすると良いでしょう。
話をしていけば、その中で会話のコツやポイントも見つかっていきます。