薬剤師の転職するタイミング

何年目がベストなのか?

薬剤師の平均勤務年数は3年と言われており、3年目に転職を決意する人が多いです。
3年目を過ぎると、5年・10年と節目の年があり、この時期も転職希望者が多いです。
全体的に他の職種と比べると、転職の期間は短いです。
それだけ入れ替わりの激しい業種だとも言え、定年まで働くのかどうかも見極めないといけません。

薬剤師の求人は多く、国家資格であり資格がないと働けませんので、比較的募集は多く転職は困らないことが多いです。
そのためによりよい条件を探したり、スキルアップのために転職する人もいます。

求人数の多い時期

1年間では、ボーナスの後の7月や12月、年度末の3月や9月は退職者が増えますので、求人も自然と多くなります。
これは薬剤師業界に限らず、他の業界でもボーナス後と年度末は退職者が多く、求人が増えます。
もしも転職を希望するなら、この時期に合わせて転職準備をしておくと良いでしょう。

しかし求人が増えると同時に応募者も増えるので、ライバルも多くなりやすい時期です。
また求人が多ければ、自分が希望する職場が見つかるとは限らず、ある程度時間をかけて希望する職場を見つけると良いでしょう。

転職するということ

もしも転職するなら、自分の希望だけで行うのではなく、職場の状況も考慮すべきです。
あなたがいなくなり人員が少なくなって、補充するまでは他の人の仕事は忙しくなります。
そのために、他の人に迷惑がかからないように、転職するなら1ヶ月以上前に責任者に連絡し、余裕を持って行いましょう。
薬剤師に限らず、1ヶ月前以上から会社を辞めることは連絡するのが社会人としてのマナーです。

場合によっては2ヶ月3ヶ月とさらに早く伝えておいた方が良いときもあります。
会社でいつまでに連絡すると決まりがあれば、それに従いましょう。
どうしても離職者が出れば、新しい人を採用せねばならず、広告を出したり面接したりと、補充までは時間がかかります。
職場が人数ぎりぎりで動いているなら、少し余裕を持って離職の連絡をしておいた方が良いでしょう。

また離職の報告をしても、引き留められてしまったり、条件をアップするのでいてくれと言われる可能性もあります。
場合によっては、そのようなことであなたは転職を取りやめるかもしれません。

いつ転職するのがベストなのかは、あなたが転職すると決めたときであり、その時期はあなた次第です。
求人の多い時期まで待とうなどと思っていると、次第に転職する気持ちが薄れたりもしますので、思い立ったらすぐに行動すべきです。
転職に関して、すべきかどうか悩んでいるようなら、一度コンサルタントなどに相談すると今後の進路が明確になるかもしれません。