圧迫面接への対応策

どうして圧迫面接を行うか

ブラック企業に限らず、どのような会社でも圧迫面接が行われる可能性があります。
セクハラや名誉毀損など明らかに面接の範囲を超えている物は論外ですが、意地悪な質問を面接官がしたりすることはあります。
それは何も面接者の気分を害するために行っているものではありません。

・性格を見る
圧迫面接を行う意図は、一番大きいのはこれです。
嫌なことを言ったり、困った質問をしたときに、面接者はどのような反応をするかを見ます。

・ストレスへの耐性を見る
これも行う意図の一つです。
ストレスにどれだけ強いかは、仕事をする上ではとても重要なので、このときにどう捉えるかを見ているのです。

・人間関係の対応方法を見る
仕事をすれば、意地悪なお客さんや無理なことを言ったり、自分勝手なお客さんがいますので、どのように乗り切るかも見ています。
上手に対応できるかを見ていると言っても良いでしょう。

圧迫面接ではこのような意図があり、これらは全て仕事でストレスや理不尽な状況になったときに、対応できるかを見ていると言えます。
言い換えれば圧迫面接を乗り切ることが出来れば、面接官の評価は高くなり、採用される可能性があります。

対応方法

まずは圧迫面接でどのような質問が出るか、質問例などを調べて答を考えてみましょう。
ある程度練習しておけば、意地悪な質問が出ても応えられるでしょう。
ただし質問例などをそのまま暗記するのは逆効果なので、軽く練習する程度にした方が良いです。
それよりも以下の対処法を身につけるべきです。

1、圧迫面接だとまずは認識する
2、相手の言っていることを把握し、気分が悪くても否定せずムキにならない
3、自分が応えるべきことは何かと考える
4、応えられないときは、申し訳ありませんと答えられないことを認める
5、答の内容よりも、その時の表情や態度を見られていることを意識する

対処はこのような流れになります。
特に重要なのは、まずは圧迫面接と認識することであり、それにより対処方法を行っていきます。
そして質問に対して怒らずに、冷静になって答えることもとても重要です。
さらにはこれが一番重要であり、答の内容よりもあなたの態度や表情を見ているのであり、ここで怒ったりしては、面接は良くない結果に終わります。

何よりも圧迫面接は、あなたが不快に思ったり理不尽に思ったりする質問がされます。
三流の大学だね、うちの会社には必要ないね、この成績でよく応募したね、印象が薄いね、などの質問があり、中には一発芸をして下さいなどの面接とはまったく関係ない質問もあります。
必ず表情や態度に不快感を表わさないようにして、姿勢もまっすぐ背筋を伸ばすように心がけて対応しましょう。