薬剤師のコミュニケーション力

薬剤師の環境が変わってくる

薬剤師の環境は日々変化しており、高齢化社会によってますますその役割は重要となり、調剤だけを行えばよいというわけにはいかなくなります。
在宅介護や在宅医療への取り組みが広がる中で、医療や薬学の知識や技術はもちろんのこと、患者さんや医療関係者とのコミュニケーションも必要となります。

その時々で相手に対して、適切なコミュニケーションがとれる薬剤師が求められています。
今までは調薬して患者さんにその薬を渡すだけでしたが、次第に患者さんの声が薬剤師にも伝わるようになっており、従来の仕事では気づかないことを知らされることもあります。

患者さんの声

それでは実際に患者さんは薬局ではどのようなことを思っているでしょうか?
患者さんでも薬局に行きたくないという人がおり、その理由は様々です。

・薬局に行くと、いつも飲み残しはないかと尋問されているように言われて嫌だ。
・市販薬との飲み合わせを訪ねても、先生に聞いて下さいと相手にしてくれない。
このようなケースがあります。

前述のケースでは、毎回行くたびに嫌な思いをしていますが、案外日本人はそんな思いをしても薬剤師に意見は言いません。
逆に後述のケースでは、何度も聞いているのに相手にしてくれないので、そのうち聞かなくなったというケースです。

どちらも、薬剤師には患者さんの意見は的確に伝わっておらず、隔たりが出来るばかりです。
このような時にも薬剤師から積極的にコミュニケーションをとる必要が出てきます。

コミュニケーション能力を活かす

薬剤師として働くなら、いくら知識ばかりを高めても、患者さんとのコミュニケーションが出来なければ十分な仕事は出来ません。
仕事をすれば嫌でも患者さんと接する機会は毎日ありますので、患者さんが何を思っているか知る必要があります。

しかしコミュニケーション能力は参考書で勉強したりしても身につく物でなく、日々の仕事の中で身につけるものであり、患者さんと話さないとその能力は高まりません。
まずは、患者さんと積極的に会話するようにして、コミュニケーションを図ろうとするべきです。

今後は薬剤師が在宅医療に関わる機会が増えれば、自然と患者さんと会話する機会も増えていきます。
時には話をしようとしない患者さんもいたり、話しかけると嫌な顔をする患者さんもいるかもしれません。
そのような時こそ、日頃の鍛錬のコミュニケーション能力が重要となってきます。

そしてコミュニケーション能力は、意識しないと高めることは出来ませんので、日頃の仕事の中では、患者さんとの会話は意識して話すようにすると良いでしょう。
話をしていけば、その中で会話のコツやポイントも見つかっていきます。

プライマリ・ケア認定薬剤師の資格

プライマリ・ケアとは

プライマリ・ケアは、患者の抱える問題に対処でき、継続的なパートナーシップを築き、家族と地域の枠組みで責任を持って診療するヘルスケアサービスでのことです。
このような多くの意味合いを含みますので、一概にこれだとは言えません。
また5つの理念を置いており、「近接性」「包括性」「協調性」「継続性」「責任制」を提唱しています。
総合的に言うと、人の健康の問題に対して、総合的にかつ継続的に対応できる地域医療のありかたのことを言います。

プライマリ・ケアはあらゆる年代に向けた物ではなく、特に高齢者を抱える地域において、在宅ケアや地域医療で当てはめられます。
そこで医療機関と連携して地域社会でプライマリ・ケアを実現するために設けられたのがプライマリ・ケア認定薬剤師制度です。

この資格ではプライマリ・ケアの能力や患者に必要なケアを総合的に判断し対策する能力を高め、医師や看護師や薬剤師などと協力することによって、その能力を高めていきます。
今や日本は高齢化社会となっていますので、継続的な医療ケアは多くの高齢者が必要としており、その中で生まれてきたのがプライマリ・ケアです。

プライマリ・ケアを活用していくときは、薬剤師など一人だけでは成り立たず、医療関係の他業種との関係は欠かせません。
その中で薬剤師もプライマリ・ケアの担い手として大きな期待がされています。

資格取得まで

資格取得するには、まずは研修開始届出書を提出して、指定の研修と講座に出席します。
この講座に出席することによって単位を修得でき、初回では30単位必要です。
そして研修開始から4年以内に取得しないといけません。
また学会関連の単位も30単位必要です。

その後は、試験や検査を経てプライマリ・ケア認定薬剤師の資格を取得できます。
そして取得後には、定期的に更新があり、更新時は3年間で30単位取得しないとなりません。
通常の薬剤師として働きながら、時間を見つけて講座などに出て単位を取得するのは大変です。
また取得後も単位を取得しないとなりませんので、確かな決意がないと容易に取得するべき資格ではありません。

しかし現在は高齢化社会をふまえて、在宅ケアなどに重点を置いた調剤薬局も増えており、そのような薬局ではプライマリ・ケア認定薬剤師はとても重宝されます。
また時代のニーズからか、地域貢献を目指す薬局も増えており、ますますプライマリ・ケア認定薬剤師は重要となってきます。
継続的なケアは今の日本では多くの方が必要としていますので、資格取得するには大変ですが、これからはますます資格取得者は重宝され、今後はとても将来性のある資格となるのは間違いありません。

保険薬剤師を目指す

保健薬剤師について

薬剤師は6年制の薬学部を出ればなれますが、保健薬剤師は薬剤師の資格を得ただけではなれません。
さらに保健薬剤師として登録する必要があり、その後保健調剤薬局などで働けます。
そしてなる前には研修を受けておけばなることは可能です。
ドラッグストアなどで、一般医薬品などを扱うなら保健薬剤師になる必要はなく、保健医療を行うならなる必要があります。

保険薬局で調剤を行うのが仕事であり、その他にもたとえば調剤薬局では、処方箋を扱ったり、介護保険など保険全般の知識も必要となり、保険点数のことや、保険料についても知っておかなければなりません。
病院で働くなら、患者さんとのコミュニケーションなども必要となり、働く場所によって求められる能力が変わってきます。

保健薬剤師としての登録は、保険薬局で働く場合は必要ですが、病院内の調剤薬局やドラッグストアなどで働く場合は必要ないです。
ただしドラッグストアなどに併設されている調剤薬局で働く場合は、登録が必要です。
大半の薬剤師は登録しており、薬剤師になるなら登録する方も多いでしょう。

病院と調剤薬局は今は別々となっており、これがほとんどの場合は普通です。
そのために保健薬剤師は必要不可欠な存在となっています。
もしも働く場合は登録する必要のあるケースが多いですが、登録せずに働くと大変なことになり、通常は薬局が登録しているか確認してくれますが、自分で行っていた方が良いです。

病院では麻酔薬や麻薬や抗がん剤など、主に治療に使うような薬を扱いますが、保険薬局に勤務すると診療科目に応じた薬を扱い、どこで働くかで取り扱う医薬品に大きな違いが出てきます。

保険薬局としては、要件を満たせば基準薬局として認められ、地域への貢献体勢や医薬品の適正な扱い、薬剤師の知識やレベルなどが加味して認定されます。
かかりつけ薬剤師を選ぶときの基準ともなり、認定を受けて損することはありません。

保健薬剤師の登録の仕方

所轄の地方厚生局に登録します。
保険薬局で仕事する場合は忘れずに登録しておきましょう。
勤務するときにも届け出しますが、勤務している保健薬剤師に変更があった場合も届け出をします。

平成20年までは社会保険事務所への届け出でしたが、現在は地方厚生局に変更になっています。
新たに保健薬剤師として登録する以外に、都道府県を越えて異動したとき、氏名の変更があったとき、登録票を紛失したときにも届け出をします。

届け出では以下の書類が必要です。
・薬剤師免許申請書
・医師の診断書
・戸籍謄本
・登録済み証明書
・免許登録税
などが必要であり、氏名変更時や紛失時はまた必要書類は変わってきます。
登録するだけで働くことが出来、特に他の資格などは必要ありませんので、必ず忘れずに登録を行っておきましょう。

ダブルライセンスとは

複数の資格を持つ薬剤師

薬剤師の資格は汎用性の高い、就職に有利な資格です。

ただ一方で薬剤師のニーズが高まったということが大きく取り上げられたことにより、薬剤師資格所有者の母数自体がかなり増えてきたという状況もあります。

そのため就職や転職をするときには、よい条件の求人には同じように高いスキルを持った人材と席の取り合いをすることになります。

そこで長期的な薬剤師のキャリアを形成するため、薬剤師としての資格だけでなく他に何らかの資格を取得することにより他の人材との差別化を図る人も増えてきています。

こういったダブルライセンスはキャリアアップには大変有効なのですが、どんな資格でもよいというわけではなく薬剤師資格と相性のよいものを選ぶことが大事です。

薬剤師と相性の良い資格とは

薬剤師の資格と合わせて持っておくと職業の幅が広がるものとして、薬剤の知識と相性の良い知識や技術を備えるものが挙げられます。

まず一番におすすめとなるのが検査技師系の仕事で、臨床検査技師などの検査資格があることで病院内で複数の業務を担当することができます。

独立開業などを意識するなら、漢方薬の資格や鍼灸師といった健康面に特化した技術系資格もおすすめです。

医療系資格と全く異なる分野の資格にも薬剤師と合わせて使えるものがあります。

例えば法律系資格である行政書士や弁理士、税理士といった難易度の高いものを取得しておくと薬剤師業務だけでなく副業として業務を担当することができます。

どの組み合わせにするかは本人の考え次第なので、独自のキャリア形成のために資格を選んでみてください。

MRの仕事

増える薬剤師のMR

ここ10年くらいの間に求人情報サイトなどで頻繁に見かけるようになったのが「MR」という仕事です。

「MR」とは「Medical Representatives」の略称であり、日本語に訳す場合には「医薬情報担当者」と呼ばれるようになっています。

MRという仕事ができたきっかけは平成16年からできた厚生労働省令であり、そこで定められる「医薬情報担当者」は医薬品を取り扱う業者を直接訪問するなどしてその薬品に関する情報を提供していくこととなっています。

簡単にいえば従来まではなかった新しい医薬品について営業活動を行うという人材ですが、一般のセールスの仕事としてだけでなく薬学について深い知識がなければいけません。

年々高度な知識が求められるMR

高度な知識が必要となるMRですが、仕事が出始めた頃にはMRとして仕事をする前には「MR認定証」という民間資格が利用させていました。

MRの仕事はこうした資格がないと仕事をしないといけないこととなっているのですが、業務が社会的に浸透してきたことと取扱される薬品の数が膨大になってきたということもあり、従来までのようなMR認定証では十分な知識を備えることが難しくなってきています。

そのため、文系出身であとから資格を取得したMR人材はここ数年減少傾向にあり、逆に薬学部を出た専門的な知識を持つ理系MRが増加する傾向にあります。

まだまだ新しい仕事であるMRは今後どのような方向になるかは未知数な部分がありますが、これからは薬剤師資格者がMRの中心となっていくのではないかと思われます。